iPassを購入する
サポート

ドキュメントライブラリ

スカンジナビア航空

スカンジナビア航空がWi-Fiファーストデジタル戦略で革新:乗務員と乗客をつなぎ、コスト削減

戦後に設立されたスカンジナビア航空は現在150以上の機材を所有し、世界中に就航しています。乗務員と地上スタッフ合わせて約1万人が働いています。デジタルファーストという点について見ると、スカンジナビア航空(SAS)は非常に目立った存在です。

スカンジナビア航空(SAS)がElectronic Flight Bagのトレンドを前にして、現代の機器であるタブレット利用による完全ペーパーレス化に踏み込んだのはもっともなことでした。ただ、問題があったのです。シンプルで安全、効率的なデジタルプログラムは、常時つながる費用対効果の高い接続を必要としていました。3G/4Gローミングではその答えになりませんでした。SASは別の解決法を模索し、iPassにたどり着きました。

世界最大のグローバルWi-Fiネットワークを持つiPassは、機内でも、空港やホテルなど彼らが最も頻繁に出入りする場所でも、SASの乗務員に常時オンの受信可能エリアを提供するための自然な選択でした。

そして結果はというと?その選択はサービスを使用したユーザーにとって間違いなく成功でした。SASが3G/4Gコストに対して節約が可能になるだけでなく、乗務員も著しくよくなったユーザーエクスペリエンスを得ることができ、空港やホテルのWi-Fiネットワークと格闘する必要がなくなりました。実際に、一部のパイロットは、自らの業務のパターンを変更して、フライト前後の業務を空港ではなくホテルから行うようにまでなりました。

グローバルWi-Fiアクセスをパイロットや乗務員が使えるようにした経験から、SASは同社の忠実な乗客にも同じ体験をしてもらってはどうかと考え、それが小さな歴史をつくりました。グローバルWi-Fiが乗客のロイヤルティを拡大するための確実な方法だと確信し、SASはiPassのサービスを使用して無制限のグローバルWi-Fiを月次購読で提供する最初の航空会社になりました。素晴らしいと思います。

全文を読むには以下よりケーススタディをダウンロードしてください。

ケーススタディの内容:

  • スカンジナビア航空がElectornic Flight Bagを率先して開始
  • パートナーを探す
  • SASのWi-Fiファースト戦略
  • SASの乗客のデジタルギャップを埋める
PDF をダウンロード (英語) 422.27K
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software