iPassを購入する
サポート

ドキュメントライブラリ

無料Wi-Fiのコスト:
無料Wi-Fiがビジネスには不向きである5つの理由

直接的なコストの優位性をもつものの、無料Wi-Fiは無料とは程遠いものです。この記事では、無料Wi-Fiがビジネスには不向きである主な理由について見ていきます。

今日の世界はこれまでで最もモバイルな社会になりました。最近の予測では、アメリカやEUなど経済成長した社会だけではなく、中国、インド、ブラジルの様な新興経済国においても、モバイルワーカーの数の圧倒的増加がみられます。全体では、世界のモバイルワーカー人口は、現在10億人以上と言われています。そしてこれらのビジネスユーザーたちには、モビリティは生産性と同義語なのです。

データが中心の世界では、モバイルワーカーは、大きなファイルをシェアしたり、クラウドベースのアプリにアクセスしたり、動画のダウンロードをしたりなど、さまざまなビジネスタスクを実行するために、高速で高品質なインターネット接続を必要としています。

調査結果では、モバイルワーカーはWi-Fiの方が低コストで速度も速く信頼度もより大きいことから、明らかにセルラーよりもWi-Fiを好むということが分かりました。そして実際に、セルラーネットワークの混雑化が、すでにグローバルWi-Fiネットワークの著しいデータ負荷軽減に向かう原因になっています。2019年までにはモバイルデータの60%がWi-Fiを通してやり取りされるはずです

ただ、この労働者のグループの中では、グローバルWi-Fiの人気は雇用者側に課題をもたらします。IT部門の介入なしには、モバイルユーザーは無料Wi-Fiに群がってしまいます。直接的なコストの優位性をもつものの、無料Wi-Fiは無料とは程遠いものです。ここでは、無料Wi-Fiの秘密のコストと無料Wi-Fiがビジネスには不向きである5つの理由について述べています。

PDF をダウンロード (英語) 1.55M
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software