iPassを購入する
サポート

ドキュメントライブラリ

環境庁

iPassを使用して環境を守る環境庁

iPassでWi-Fiを利用すれば、緊急事態があるところにネットワークあり

イギリスで環境に関する緊急事態が発生すると、環境庁の担当者が駆けつけます!現場でiPass対応のモバイルデバイスを利用している時、大事なことは対策本部との密な連絡を維持すること、そして対策本部長に最新の情報を提供することです。「我々が現場で災害や洪水に直面しながらとる連絡手段の一つとしてこのネットワークを利用し、警察や救急、消防、そして自治体と協力しています。このような状況では、簡単で安全、かつ効果的なネットワークへの接続が必要です」と、環境庁のシニアプロジェクトマネージャであるAdrian Pope氏は言います。「iPassは使いやすいインターフェースを持ち、最高の接続方法をスタッフに提供してくれます。このソリューションは異なるプラットフォーム上で動作する多くのデバイスで使用されています。」

教えを実践

環境庁で働くということは、自らの教えを実践するということです。二酸化炭素排出量を削減するために電車通勤をすることもその一つ。では、環境を守るということは生産性を犠牲にするということかというと、実際はどうでしょうか。CrosscountryやVirgin trainsの列車では、iPassネットワークのWi-Fiが利用でき、まったくそのような心配は必要ありません!「このようなサービスは以前なら有料だったものです」と、Pope氏は続けます。「今ではサービスに組み込まれており、スタッフも生産性を維持できて非常に感謝しています。」

実際に、彼らの出張の際には、iPassのおかげでイギリス中の何千ものWi-Fiホットスポットに迅速で安全にログインできる環境が整っています。これらのホットスポットは、レストランやホテル、コンベンションセンターや電車などに戦略的に設置されています。つまり、この簡単にアクセス可能な無線ホットスポットは3Gを通して性能が上がり、時間とコストを節約しているのです。

オフィスをつなぐシンプルでスマートなソリューション

このリモートアクセスは環境庁でのストーリーのほんの一部です。ここでは、スタッフがオフィスでもWi-Fiアクセスが可能なように整備するためのサービスを探していました。iPassを利用することで、iPassホットスポットがある場所ならどこでもWi-Fi接続が可能になります。英国内に位置する環境庁のオフィスでは、スタッフがiPassホットスポットを使用することで恩恵を受け、重要なメールが遅滞なく確実に相手に届くようにしています。

PDF をダウンロード (英語) 1.17M
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software