iPassを購入する
サポート

ドキュメントライブラリ

MVNO収益増加のためのWi-Fiファースト戦略:データ利用が上昇してもマージンを増やすには

PDFをダウンロード

モバイルデータトラフィックはうなぎ昇りです。シスコのビジュアルネットワーキングインデックス(VNI)によると、2016年だけで50パーセントも増加しており、予想ではデータトラフィックは2020年までには30.6エクサバイト/月にまで届く(おそらく超える)でしょう。これは驚くべき数字で、モバイルデータサービスに対する消費者のとどまるところを知らない欲求を予言しているようです。それほど明確ではないけれども、これらの数字は、市場でのモバイル利用者の飽和により、多大な下向きの価格圧力を示唆します。

これらの力はMVNOにとって特に何を意味するのでしょう?MVNOの契約者と見込み客はモバイルネットワークの速度とパフォーマンスには安定した改善を求める一方で、今後も契約プランの価格が徐々に下がるだろうと期待するでしょう。MVNOは下がりつつある顧客一人当たりの平均売上によって特徴づけられる多国籍の規制環境にあり、このような顧客期待に対してどのように応えればいいのでしょうか?

その答えは、そうたやすいものではありません。問題を悪化させるものとして、MNOは安定した解約率と激しくなる競争に直面し、顧客の獲得とつなぎ留めを試みるあまり、より挑戦的になることがあります。彼らは、消費者にマルチプレイパッケージを契約するよう説得を試みてきました。MNOはまた、トラフィックの著しいシフト(音声からデータへ)も見てきて、既に一杯になったネットワークに重い負担を強いていることも認識しています。このシフトにより、特にMVNOが同じ顧客層を取り合って競合する場合には、おそらくMNOはそれほどMVNOをサポートしようとは考えなくなるでしょう。

さらに言えば、MVNOのモデルは単なるモバイルネットワークの利用に基づいているのですから。幸運なことに、高価なモバイルネットワークが接続のための唯一の選択肢ではありません。多くの地域でモバイルネットワークが常にアップグレードされていても、Wi-Fiは今や優れた接続性とパフォーマンスを提供しているのです。そして最も重要なのは、Wi-Fiは競合MNOやMVNOがまだ少なくとも今のところは進出していない場なのです。

この記事では、Wi-Fi接続が顧客の第1選択であり、マルチ戦略的な優先事項を達成することで接続性がMVNOの利益維持に役立つ理由を述べています。Wi-Fiファースト戦略がMVNOの収益増大を、データ利用の増加にもかかわらずマージンを増やすことで、どのように推進するのか、続けてお読みください。

記事の内容:

  • 自らの成功の犠牲者
  • 激化する競争はどこからでもやってくる
  • 増加するモバイルデータ利用
  • Wi-Fiファーストアプローチのメリット
  • Wi-Fiファーストを採用するその他の理由
  • Wi-Fiパートナーを検討する
  • 利用可能な最高の接続
  • 結び
PDF をダウンロード (英語) 325.90K
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software