iPassを購入する
サポート

iPassブログ

経営幹部を脅かすサイバーセキュリティ

CEOが直面する企業とっての最高のサイバーセキュリティ脅威

Dennis Jones

cybersecurity-csuite

システムがハッキングされ新聞の見出しに大きく出たとしたら、次に直面するのは、誰がその代償を払うのかという取締会とメディアからの追求です。歴史が答えになるとすれば、おそらくはCEOでしょう。大規模なデータ漏えいの場合、責任は通常、最高責任者にあります。

ただ、これがサイバーセキュリティに関するとなると、企業を守る責任は単に経営幹部だけにとどまりません。実際に、モバイルビジネス企業は、経営幹部を企業内で最も重要なサイバーセキュリティ脅威であると考えていることが分かりました。詳細については、Nick Ismail氏の記事上層のトラブル:CEOは組織にとって最大のセキュリティリスクかをお読みください。内容は当社の最高営業責任者Patricia Humeが提供したもので、全文をInformation Ageにてご覧いただけます。

結局のところ、公共の無料あるいは有料で利用できるWi-Fiネットワークによって特にもたらされた企業へのサイバーセキュリティ脅威を減らすために対策が導入されました。iPass Mobile Security Reportによると、英国のほぼ50%の組織が、社員が会社所有のデバイスで公衆Wi-Fiを使用するのを禁じ、サイバーセキュリティ脅威の存在に言及したとのことです。

そうすると、BYODのシナリオに与える影響は?周知しているにもかかわらず、組織のエンドユーザーは自身のデバイスで公衆Wi-Fiにアクセスしていると思われます。その際、個人情報や仕事に関係するデータも少なからずやり取りしているはずです。ウイルス対策ソフトやファイアーウォールがオンライン上の安全のために使用されていますが、これらのツールは公共あるいは個人のホットスポットに攻撃を仕掛けるハッカーからはユーザーを守ってくれません。

会社員たちは、オンラインでのやり取りを保護するため、HTTPSを使用するように勧められています。ハッカーたちはこのような種類の情報にアクセスするため別のルートを見つけました。例えば、偽のウェブサイトを使用してあらゆるタイプのSSL証明書を収集したりなどです。保護されたウェブサイトですらターゲットになりうるので、賢いサイバーアタックに対しては無敵ではないのです。ここで述べた脅威は、トラフィックの傍受や中間者攻撃などが当てはまります。安全性の高い方法は、適切なトラフィックの暗号化を提供するために、仮想専用網(VPN)の様なトンネリング技術を使用することです。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software