iPassを購入する
サポート

iPassブログ

モビリティファーストで得られる
6つのメリット

Dennis Jones

six-reasons-to-put-mobile-first

お聞きください。私達はモバイルの世界に住んでいます。そのモバイル度はと言うと?これまでにないほど多くの人がモバイルテクノロジーを利用しているというだけでなく、その用途がこれまでにないほど多岐にわたっています。1つには、世界中のユーザーが利用できるモバイルマネーサービスです。そしてさらに何十億もの人々が単にインターネットにアクセスするのにモバイルデバイスを使用しています。これらの人々は消費者であり、また従業員でもあるのです。モバイルデバイスでの買い物はトップを占め、彼らは週平均26時間をオンラインで費やします。そして、同時にデジタルメディアのもっとも重要な消費者でもあります。これらの消費者は、あなた方の社員や入社希望者と何ら変わりはありません。彼らが会社とスムーズにやり取りができるよう、例えば固定の場所ではなくモバイルを利用した戦略など、モバイル戦略を持っていることのメリットは多くあります。

  • 拡張された安全性。 あなたの好みにかかわらず、スタッフはモバイルデバイスを使用するでしょう。ですから、モバイルを考慮した戦略をたてることは、モバイル使用を制御管理し、スタッフが会社のモバイルチャネルをより安全に利用できるようになります。もしセキュリティを軽視しているとどうなるでしょう?研究によると、セキュリティ侵害は1件当たり企業に平均400万ドルの損害をもたらすと言われています。
  • コスト削減。 BYODはコスト削減に明確な道を示します。考えてみれば、自分のモバイルデバイスを好んで使用している社員は、新しいデバイスを買ってほしいとは言わないでしょう。また、御社のモビリティプランがWi-Fiファーストであれば、使用量をベースにしたデータプランに比べてコスト削減にもなります。
  • 生産性の向上。 これは重要です。社員が時間と場所を選ばず接続可能であれば、どんな時も仕事ができ、「もてあます時間」も有効に利用できるでしょう。最近の研究において、モビリティが従業員の生産性を23パーセントも高めることがわかりました。
  • 決定の迅速さ。 同様に、どこにいても社内のチームとつながることができ仕事を進められることで、仕事もしやすくなり、決定も速くなります。
  • より高いシステム回復力。 時間と場所を選ばず会社の情報やアプリケーションにアクセス可能になることは、クラウドベースの運営を補完する完璧なツールです。特に、主要なビジネスシステムをクラウド上で担うことで、ロケーションベースの災難からの回復を早めます。
  • スタッフの満足度向上。 研究によると、モビリティを率先して行うことは従業員の満足度を最高100%向上させるそうです。これは、彼らに対してワークフローのより高いビジビリティを提供し、仕事とプライベートのバランスをとりやすくなることから来ています。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software