iPassを購入する
サポート

iPassブログ

主流になる次世代ホットスポット

Dennis Jones

data-growing-apace

増大するビデオ消費の人気により、データは急速に膨れ上がっています。そうしてワイヤレス業界は自問自答しなければならなくなりました。処理能力を求めるこの増加した需要に対し、消費者価格を抑えながらどのようにして対応すればよいのかと。

長いこと、その答えはモバイルトラフィックからの負荷を古き良きWi-Fiへと移し、軽減することでした。Wi-Fiネットワークは、通信事業者が契約者のデータ容量ニーズの増加に合わせて効率よく容量を増やすことができるようになっています。ただ、Wi-Fiにはそのユーザーエクスペリエンスの諸課題がないわけではありません。この複雑なモバイルエコシステムに含まれてないテクノロジーは何でしょうか?幸運なことに、Wi-Fi業界の大手はそれに気づき、次世代ホットスポット(NGH)に力を入れています。

説明すると、NGHはパスポイントテクノロジーを包含します。これは、ホットスポットにおけるネットワークアクセスを簡素化し、接続のたびにユーザーがネットワークを探して認証する必要性をなくすための業界全般のソリューションのことをいいます。エンドユーザーの利益という点においては、NGHはどこでもつながるオンライン体験を作り出し、ログインやパスワード入力などユーザーにとって面倒なプロセスを排除し、スムーズな自動接続Wi-Fiを実現します。

シスコやWBAのような業界各社は長期にわたってNGHをテストしています。では最新情報は?ますます多くのWi-Fi機器がこの技術に対応し始めています。ユーザー機器のメーカー各社は、自社のデバイスをこの仕様で製造しています。ですから、ご家庭の消費者向けデバイスはNGHに対応しているはずです。そしてソフトウェアもようやく揃いました。

さらに詳しくは、WBA(Wireless Broadband Association)に寄稿したゲストブログをこちらからご覧ください。

 

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software