iPassを購入する
サポート

iPassブログ

オフィスを無線ファーストに変える

Dennis Jones

converting-your-wireless-office

2014年のことをお話ししましょう。ガートナーの予測では、オンラインでの活動の半分がタブレットやスマートフォンのようなモバイル機器で行われるということでした。 この予測の中で、ガートナーの副社長兼著名アナリストであるケン・デュラニーは、このようなコメントを出しました。「ビジネスにおける作業空間の接続に関しては、ネットワーク時代の到来からずっとイーサネット配線が主力となっていました。しかしながら、スマートフォンやノートパソコン、タブレット、その他のデバイスが増えるに従って、消費者市場はワイヤレス・ファーストの世界へと大きく変わりました。」企業がこのワイヤレス・ファーストの傾向に屈するであろうその範囲を予見しながら、デュラニー氏は続けます。「個人所有機器の持ち込み(BYOD - bring your own device)が多くの組織で導入されるに従い、ビジネス世界と消費者生活の衝突が労働者の需要を変化させました。」

2018年の消費者の接続性にまで話を進めましょう。ガートナー自身も、世界がモバイル・ファーストになったその程度と、いかにWi-Fiが接続性において重要な乗り物であるかに、驚いているかもしれない。最近では、オンライン接続ということになれば、消費者は「Wi-Fiファースト」戦略を受け入れている。それは単に彼らがテクノロジーにとらわれていないということと、お得なものが好きであるということからである。データ消費のコスト管理を考慮すれば、多くのスマートフォンユーザーはWi-Fiという選択肢があればすでにそれを選ぶでしょう。国内消費者が全般的にWi-Fiを好むというだけでなく、海外への旅行者も同様に好みます。ワイヤレスブロードバンド同盟によると、70パーセントの海外旅行者は現地での接続に、従来のモバイルサービスではなくWi-Fiを利用しているということです。

恐らく、最も重要なストーリーは、消費者市場がどの程度事業化されているかという点でしょう。CIOたちがこのWi-Fiへの熱狂を無視するのは危険を覚悟の上でなのです。というのは、利用ということになると、モバイルプロフェッショナルたちは消費者と同じように行動するからです。研究によると、よりよいオンライン接続環境を持てば持つほど、消費者たちはそのブランドをより愛用するということです。同様に、労働者がよりよいオンライン接続環境を持てば、彼らとの間に相互貢献的な関係性が生まれるということになります。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットは、モバイルファーストの職場と相互貢献的な関係性の増加との間の「測定可能なリンク」を発見しました。具体的に述べると、この研究によって、モバイルファーストの「パイオニア」といわれる企業では、モバイルテクノロジーに対するサポートを提供しなかった企業に比べて、生産性が16パーセント上昇し、また創造性(18パーセント)、満足度(23パーセント)、ロイヤルティ(21パーセント)でも顕著な増加を見せたことがわかりました。つまり、これらの数字は週40時間の労働において、6.4時間分の追加労働分の生産性を生み出したことになります。これは年間にすると41日分、あるいは8週間分で、これだけの効率をスタッフそれぞれが達成する可能性を持っていることになります。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software