iPassを購入する
サポート

iPassブログ

空の上でもiPass

Patricia Hume、CCO

ipass-up-in-the-air

グローバルな航空業界では、各社とも接続性革命の最先端にいます。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスによって発行された最近のホワイトペーパーによると、「現在、年間38億人の乗客が飛行機を利用しているが、わずか25%程度しか機内インターネットサービスを提供していません。これに関しては品質にもばらつきが多く、受信可能エリアが途切れたり、速度が遅かったり、データ量の制限が低い等問題があります。2035年までには、機内インターネットサービスは世界中どこでも利用可能になるでしょう。」

地上でも上空でも、つながって当たり前だと考えます。ゲームをしたり、仕事をしたり、話したり、聴いたり、見たり、チャットやメッセージのやりとりをしたり、そのためには接続が必要です。皆が依存しています。マズローの欲求段階説が思い出されます。これは、人間は欲求を実現するために行動を起こすが、その欲求には段階があるというものです。最も基本的な欲求は生命を維持することです。接続できることは今や基本的欲求にまでなっています。それがもはや出張者だけのものではないのは、X世代やY世代がモバイル接続に対する欲求を完全に体質に組み込んでしまったからです。現実として今や、だれもがオンラインでつながることを必要としているのです。

これまでにも増して航空会社は、人々にオンライン環境を提供することが必要条件だと認識しています。ぜひそうしましょう!初期投資額が高い一方で、投資利益率はそれに見合うものになっています。乗客にスムーズで安全で信頼できる接続を提供することは、つまり、付随的な収益を作りだすことによる全く新しいビジネスチャンスを意味します。顧客を「常に最高の接続環境に」おくことは、彼らにとっては収益の増加と同義です。機内ショッピングやプレミアムコンテンツのストリーミングなど、広告や付加価値サービスを提供することで、長期的な顧客価値を増加させます。そして現在、航空会社は機内での接続体験を可能にし、また改良しようと躍起になっています。

オンライン接続はできて当たり前で、だからこそ簡単でスムーズ、見えない、そしてハードルの低い接続体験が求められるのです。iPassでは、これが私たちのミッションなのです。グローバルモバイル接続をけん引する企業として、常に最高の接続があることの重要性に感謝するだけでなく、これまで20年もの時をどうやったら実現できるかに費やしてきました。私たちはIPを作り、どこでも利用できる接続のためのテクノロジーを提供するノウハウを作りました。私たちは、データがやり取りされる方法、Wi-Fiなのかセルラーなのか、人工衛星なのかにはとらわれていません。この過程の一部として、最高の機内接続体験をどのように作りだすかが分かっています。現在、機内Wi-Fiプロバイダおよび世界中の航空会社と協力して、重要な機能を提供するお手伝いをしています。それには、1回のみのサインオン、認証、民営クリアリングハウスやレポート、スムーズなデバイスの搭載、機内ネットワーク解析、デバイス解析、ドアツードアの接続能力および位置情報分析を念頭に置いたロイヤルティ会員の提案などが含まれます。それは、ソフトウェア技術と比類ないビッグデータ解析の完全で妥協のない組み合わせです。

iPassは接続体験を改善するため、そして常に最高の接続を得るという基本的なニーズに応えるため、航空会社と機内ブロードバンドサービスプロバイダとともに協力し合い取り組んでいます。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software